2010年06月19日

日本脳炎ワクチン、第2期を定期接種へ(医療介護CBニュース)

 厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会日本脳炎に関する小委員会の会合が6月16日に開かれ、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの第2期予防接種を定期接種として位置付けるよう、厚生労働省令を改正する方向で議論をまとめた。

 国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦委員を中心とする厚生労働科学研究で、乾燥細胞培養ワクチンの第2期接種の有効性・安全性が確認され、添付文書が一部改訂されたのを受けたもの。積極的な勧奨を行うかどうかは、接種シーズンである夏の接種・供給の状況を踏まえて、秋をめどに、第2期接種と第1期接種3回のどちらの接種機会の確保を優先すべきかも含めて議論する。

 日本脳炎ワクチンの接種は、第1期が初回接種2回(標準3歳)、追加接種1回(同4歳)の計3回で、第2期が1回(同9歳)。
 同ワクチンをめぐっては、2005年にマウス脳による製法のワクチンで重篤な副反応を発症した事例があったため、積極的な勧奨を差し控えた。しかし昨年、乾燥細胞培養ワクチンが薬事承認され、第1期接種に使用できるワクチンとして位置付けられたのを受けて、今年4月から積極的な勧奨を再開している。一方、第2期接種では使用経験が少なく、有効性・安全性が確立していないため、位置付けが決まっていなかった。


【関連記事】
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省
新たな日本脳炎ワクチンの使用でQ&A−厚労省
接種率見て経過措置の議論再開を―日本脳炎小委
「ワクチン政策の統一」議論を―保団連が国会内勉強会
細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書

「首相、先の展開読まず」安易な連立合意あだに(読売新聞)
「はやぶさ」奇跡の帰還に生中継なし テレビ局に失望と批判の声(J-CASTニュース)
「犯情は悪質。懲役2年を…」検察官の言葉に表情変えぬベスーン被告(産経新聞)
パソコン予約に障害=東海道・山陽新幹線(時事通信)
会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
posted by イワマ ケンジ at 01:23| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

<会社役員殺害>「人違い」逮捕の組員供述 07年・高崎(毎日新聞)

 群馬県高崎市の染谷川河川敷で07年1月、前橋市六供町の会社役員、黒田良一さん(当時53歳)が遺体で発見された事件で、殺人容疑で逮捕された住所不定、稲川会系暴力団組長、竹内洋介(33)ら4容疑者の一部が「黒田さんを組関係者と勘違いして殺した」と供述していることが分かった。県警前橋署捜査本部が8日発表した。

 捜査本部によると、竹内容疑者らは、県内の元暴力団幹部に恐怖心を起こさせるため、元幹部に近い人間を殺害しようと計画。この元幹部宅周辺に複数回、高級車を止めていた黒田さんを「元幹部と親しい間柄にある組関係者」と勘違いした、と一部の容疑者が話しているという。

 県警の調べでは、黒田さんは暴力団とのかかわりは一切なかった。捜査本部が確認したところ、元幹部も黒田さんとの接点を否定した。遺族は事件後転居したという。

 県警は5月下旬、竹内容疑者ら4人を殺人容疑で逮捕。逮捕容疑は07年1月11日夜、黒田さんの自宅マンション駐車場で、黒田さんの頭を鉄パイプのようなもので殴って車で連れ去り、車内で首を絞めて窒息死させたとしている。

 捜査本部によると、竹内容疑者が静岡県沼津市、稲川会系暴力団幹部、山元健太郎容疑者(34)ら3人に殺害を指示したという。目撃情報などから逃走車両を特定し、4人の逮捕に結びついた。

【関連ニュース】
会社役員殺害:新たに組長逮捕、4人目 群馬県警
殺人:07年の男性殺害容疑で3人逮捕 群馬
高崎の男性遺体:新たに4人目逮捕 他の人物も関与か−−前橋署 /群馬
高崎の男性遺体:3容疑者逮捕 住民ら安堵の声 目撃情報で逃走車特定 /群馬

10年後に基礎的収支黒字化=分野別目標示せず―財政健全化計画(時事通信)
国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表(産経新聞)
八街強殺放火で男起訴、15歳長女を家裁送致(読売新聞)
水難 兄弟死亡 ゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
posted by イワマ ケンジ at 11:42| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

小沢氏「役職ない」うっすら涙…院政警戒の声も(読売新聞)

 民主党小沢幹事長は2日、鳩山首相の退陣表明に伴い、幹事長辞任を表明した。「もうみなさんに会うのは最後」と記者団に語り、今後、要職には就かない考えも示した。

 ただ、小沢グループが党内の最大勢力という構図に変わりはなく、小沢氏は隠然たる影響力を保持するとの見方も根強い。

 「私はもう残務の仕事をするだけ」

 「代表が辞任すれば(私の)役職はない。新しい体制への引き継ぎをするだけの役割だ」

 首相の退陣表明の直後、小沢氏は目に涙をうっすらと浮かべながら、淡々と心情を語った。

 だが、党内で小沢氏のこうした言葉を、額面通りに受けとめる向きは少ない。

 2日午後、国会内で開かれた小沢グループの会合では、小沢氏側近の中堅議員が「小沢氏と今、話をしてきた」と前置きしたうえで、「我々が推す候補の基準は、まず参院選に勝てる候補だ。日本の閉塞(へいそく)感を打ち破る人材を一致結束して推していこう」と訴えた。

 小沢氏は昨年5月、準大手ゼネコン「西松建設」からの違法献金事件で、自らの公設秘書が逮捕されたことなどの責任を取って党代表を辞任したが、直後に鳩山新代表(現首相)のもとで代表代行、政権交代後は幹事長に就任し、権限を把握し続けた経緯もある。

 このため、党内の「反小沢グループ」の間では、「小沢氏は表向き一線を退くものの、田中角栄元首相のように、『政界の闇将軍』となるのではないか」と、“小沢院政”を警戒する声も多い。

代表選出馬を正式表明=民主・樽床氏(時事通信)
殺害弁護士「刃物しまいなさい」 逃走男、言葉無視し刺す?(産経新聞)
谷亮子、初街頭演説に1800人(スポーツ報知)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
「特定専門看護師」創設へ―看護系大学協議会が了承(医療介護CBニュース)
posted by イワマ ケンジ at 14:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。