2010年02月04日

八ケ岳で静岡の男性不明に=長野県警(時事通信)

 長野県と山梨県にまたがる八ケ岳連峰・赤岳(2899m)に登った静岡県富士市国久保、自営業野崎富士男さん(48)が行方不明になったと家族から通報があり、長野県警茅野署は28日、捜索を始めた。
 同署によると、野崎さんは25日から2泊3日の予定で単独で入山。予定時間をすぎても帰宅しなかったため、妻が27日に静岡県警を通じて救助を要請した。携帯電話はつながらない状態だという。 

【関連ニュース】
八ケ岳で不明の男女死亡=山梨
関西の男女2人遭難か=予定過ぎても下山せず

「いのち守る」政治に全力=景気対策、切れ目なく実行−首相施政方針(時事通信)
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設(医療介護CBニュース)
宇宙基地運用延長を歓迎=文科相(時事通信)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(1)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
谷垣氏、「小沢独裁」政権と対決=消費増税、超党派会議提案−衆院本会議で代表質問(時事通信)
posted by イワマ ケンジ at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外留学の高校生、ピーク時の7割に(読売新聞)

 文部科学省は28日、2008年度中に日本から海外に3か月以上留学した高校生は3190人だったと発表した。

 ピーク時の7割ほどの水準で、調査を始めた1986年度に次ぐ少なさ。専門家は不況に加え、「海外への好奇心が薄れ、内向きになっているのでは」と指摘している。

 調査は、全国の高校生を対象に隔年で実施。88年度に海外の高校で得た単位の認定など留学制度が整備されたこともあり、92年度には4487人に上った。しかしその後は減少傾向になり、今回は前回06年度調査から2割近く減った。

 国別では、一番多い米国が1150人(前回比23%減)でピークの4割以下に。カナダ460人(同25%減)、オーストラリア438人(同27%減)など人気国も軒並み減少した。

 こうした傾向について、交換留学を支援する全国高校生留学・交流団体連絡協議会の江夏啓子幹事長は、「少子化や不況の影響もあるが、保護者も、生徒も、無理して海外に出なくてもという傾向が続いているため」と分析。「かわいい子には旅をさせるべきなのですが」と話している。

ひき逃げ容疑で運転手逮捕=トラックで、63歳男性死亡−警視庁(時事通信)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(4)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)
「引きずる感覚あった」=逮捕の男供述−北海道警(時事通信)
<氷柱>荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父(毎日新聞)
球場入場拒否は無効=「鳴り物応援」認めず−ドラゴンズ応援団一部勝訴・名古屋地裁(時事通信)
posted by イワマ ケンジ at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。